副作用が少ないヤスミンの特徴について

低用量ピルを服用し顔がむくんで困っている時に、副作用の少なさで評価されているヤスミンが役に立ちます。
浮腫みだけでなく体重増加という副作用を減らす事を、重視しながら開発された低用量ピルだからこそ、顔や手足が大きく見られるのが辛いという女性にも最適です。

ピルに含まれている卵胞ホルモンには、体内に水分を蓄える役割があるために、浮腫みが起きてしまう事があると言われていました。
その浮腫みに対処するためにヤスミンには、ドロスピレノンという利尿作用のある黄体ホルモンが配合されています。
ドロスピレノンが上手く作用すれば、自然に水分を体外に排出できるようになるので、浮腫みなどを気にせずに服用を続ける事が可能です。

副作用が少ないのが魅力的な低用量ピルですが、服用方法を間違えてしまうと効果が薄れるので、まずは正しい服用方法を学んでおく必要があります。
生理が始まった1日目からヤスミンを服用して、毎日同じ時間帯に21日続けて低用量ピルを服用する事が重要です。
同じ時間帯に服用が難しいという人は、5時間から6時間以内に誤差が収まるように服用をしてください。

皮脂の分泌量を増やす原因となるホルモンが増えにくいのも、ヤスミンが評価されている理由の一つです。
低用量ピルを服用するたびに、ニキビが大量に増えてしまう副作用に悩まれていた人に向いています。
お腹の中にガスが増えてしまうのが気になる人も、ヤスミンを服用する事でガスの量を減らせる可能性は高いです。

日本国内で未承認の低用量ピルの中でも、特に体重増加を心配する必要が無いと評価されており、ダイエット中の人でも気軽に服用できます。
タイなどの国では特に人気のある低用量ピルで、現在では日本の女性もヤスミンを頼るようになりました。
他の低用量ピルと同じく血栓症などのリスクはありますが、副作用が特に少ないという点でもヤスミンは注目度が高くて、定期的に服用する人も増えています。

ヤスミンは日本では未承認のピルとなっている

ヤスミンは、服用しても顔に浮腫みが生じたり体重増加などの副作用が少ない低用量ピルです。
ニキビが増える副作用やお腹にガスが増えるのが気になる人にも効果的なので、定期的に服用している人が多いです。
ヤスミンは女性にとって頼もしい薬で副作用が少ない低用量ピルとして高く評価されていますが、残念ながら日本ではまだ承認されていません。

ヤスミンは日本では未承認の薬なので市販はされておらず、購入するには専門の通販サイトを利用して購入する必要があります。
医薬品専門の通販サイトを利用して購入すると良く、一度に沢山買うとセット割引きなどの特典があるのでお得に買うことが可能です。
ヤスミンの服用を検討しているなら、専門の通販サイトを利用すると良いでしょう。

ヤスミンは日本未承認の薬ではありますが、個人で使う分の購入は許可されています。
ヤスミンは第4世代の低用量ピルと呼ばれていて、第3世代以前の物と比較すると女性ホルモンの量が少ないです。
ホルモン量が少ないので浮腫みやすくなる作用を抑えることができ、他の薬と違って肌荒れが起きにくいです。
副作用を軽減する効果が期待できる第4世代ピルは、超低用量ピルとも呼ばれています。

日本で承認されている第4世代ピルにヤーズという薬があり、卵胞ホルモンをヤスミンよりも減らして副作用を軽くする作用があります。
どちらもピルとして高い効果があるので、どちらか体質に合う方を服用すると良いでしょう。
他のピルを既に服用していて知識があるなら、医者にヤーズを処方してもらうより個人輸入でヤスミンを購入するのもありです。
医薬品として十分注意してピルを服用するのであれば、ヤスミンの個人輸入はオススメできます。

人気記事一覧