ニキビを治したいならマーベロンを服用!

普段から丁寧に顔を洗っているつもりでも、肌に何度もニキビができてしまって困っている時には、ホルモンバランスが乱れてしまっている可能性があります。
プロゲステロンという黄体ホルモンの分泌量が増えすぎてしまうと、肌荒れや便秘や目眩などの症状が出てくる事も多いです。
黄体ホルモンの分泌量が増えている可能性があると感じた時には、第3世代ピルのマーベロンを服用する事によって、皮脂の分泌量を減らす事ができるか試してみてください。

黄体ホルモンの増加によって皮脂の分泌量が増えると、ニキビの原因菌のアクネ菌が繁殖しやすくなってしまいます。
体内のホルモンバランスが崩れていると、洗顔を終えた直後から皮脂が大量に分泌されてしまい、すぐにアクネ菌が成長してしまう可能性もあるので注意が必要です。

ドロスピレノンなどの成分もニキビを抑制する効果があるのですが、マーベロンに含まれているデソゲストレルと比べると、抑制効果が弱いと言われています。
低用量ピルの中でも、特に皮脂の抑制効果が強いものを探しているのであれば、まずはマーベロンを試しに服用してみてください。
ニキビ治療のためにはエストロゲンを20μgほど摂取する必要があり、マーベロンはエストロゲンが30μgも含有しています。
成分内容の豪華さでも信頼できる、理想的な低用量ピルとして注目されるようになりました。

マーベロンを服用する事で、男性ホルモンのバランスを整える事ができれば、肌の見た目にも変化が出るようになります。
皮脂の分泌量が減る事によって、肌のてかりを軽減する事もできます。
ホルモンバランスを整えるために改良を重ねたという点も、第3世代のピルの中でマーベロンが注目されている理由の一つです。
卵巣がんの発症リスクの軽減も考えながら、服用するピルを選ぼうとしている方々からも注目されています。

二十代になってからニキビが増えたという人ほど、ホルモンバランスが崩れてしまっている事が多いです。
病院で検査を受けてから、自分がマーベロンを服用するべきなのか医師と相談をしてみてください。

マーベロンは卵巣がんのリスクを軽減できるピル

マーベロンは第3世代ピルの中でニキビを抑制することができる点が支持されていますが、卵巣がんのリスクを軽減することができる点も評価されています。
マーベロンに含まれている女性ホルモンは、ドロスピレノンなどの成分に比べて皮脂の分泌を抑えるものが使われています。
マーベロンの主成分の女性ホルモンは男性ホルモンの活性が特に弱いため、ホルモンバランスを整えながら皮脂の分泌を抑制し、ニキビや生理前の肌トラブルを防ぎます。

思春期以降のニキビはホルモンバランスの変化が原因で起こるケースがあります。
マーベロンを服用しているとこのホルモンバランスが一定になりますので変化が無くなるため、ニキビや生理前の不快な症状が起こりにくくなります。
マーベロン以前の低用量ピルでも多少のニキビに対する効果は見られましたが、男性ホルモンの活性が高いものが多く、服用するとニキビや多毛の症状が出てしまう症例がありました。
その点を改良し、男性ホルモンの活性を抑えたのがマーベロンです。
又、低用量ピルは卵巣がんのリスクを軽減できるピルとしても知られています。
そのため、卵巣がんになりたくないという理由で服用している人も少なくありません。

マーベロンを服用することで子宮を休ませることが可能になり、そのことで排卵や子宮内膜の増殖を抑制できることが卵巣がんのリスクを軽減することにもつながっています。
子宮は耐えず活動し、排卵や月経による出血を一定期間で起こしますが、マーベロンを服用することでこの活動を休止させ、子宮を休ませることが病気の防止につながります。
この方法は卵巣がんだけでなく妊娠を希望する人にも使われることがあります。
意図的に子宮を休ませることは、美容面以外にもメリットが大きいことがわかっています。

人気記事一覧