未分類

エストロゲンを増やしてもっと女性らしさを出す

エストロゲンは、体つきや美しさなど女性らしさを演出してくれる大切な女性ホルモンです。
他にも健康面や美容面や精神状態の他にも性機能の保持などにも大きくかかわっております。
女性のあらゆる組織機能に関与して体調を整えてバランスを整えるように働きかけており、細胞や脳、血管や骨などの組織に働きかけて美肌を保持したり、骨粗しょう症の予防などにも効果的に働きます。

エストロゲンを増やすためには幾つか方法があります。
まず閉経前後に不足してきたら補充するという方法があります。
更年期障害や商用を改善する治療として医師の処方する薬を利用するため健康保険が適用されるので費用を抑えてエストロゲンを補充できます。
ただし長期間の投与には子宮内膜が増殖しがんにつながる可能性もあるので慎重に行うことが大切です。

サプリメントなどで補充する方法もあります。
その際にはエストロゲンに似ているイソフラボンを摂取することも有効です。
さらにエストロゲンの元となるDHEAという人の身体の中でも生成されますが歳を重ねることで減少していくため、それをサプリメントで補うことも有効です。
イソフラボンをサプリメントで摂取する際には1日30mgまでが鉄則となり、DHEAは女性ホルモンだけではなく男性ホルモンの元ともなるのでニキビやひげが増えるなどの男性化がしやすくなる要因となってしまうため注意が必要です。

生活習慣によってエストロゲンを分泌しやすくすることも大切です。
生活リズムを規則正しくすることで、自律神経のバランスを整えて活動と休息のメリハリを付けてストレスをため込まないようにするとともに、毎朝決まった時間に起床するように心がけることが必要です。
また、適度な運動をすることによって、運動前と比べるとエストロゲンが増加するため適度な運動を心がける必要があります。
特に有酸素運動が有効なので、ウォーキングや水泳などがお勧めです。
普段からの積み重ねがとても重要となります。

女性はエストロゲンが減少するとどうなるの?

エストロゲンが分泌されることで、女性らしい体つき、精神状態の安定、美肌にもつながり、女性らしさを保つ効果が期待できます。
では、このエストロゲンが減少するとどんな状態になるのかと不安を感じる人もいるでしょう。

エストロゲンには、骨の生成を促したり、骨からカルシウムが溶け出すのを抑制したりする働きがあります。
エストロゲンが分泌されることで骨を丈夫な状態に保つことが可能です。
しかし、女性は閉経によってエストロゲンの分泌が大幅に減少し、高齢者に多い骨粗しょう症を発症する可能性が高まります。
骨粗しょう症は骨がスカスカになり、とても骨がもろくなる症状です。

エストロゲンの減少は更年期障害の原因ともなります。
女性ホルモンは脳の視床下部から性腺刺激ホルモン放出ホルモンを出すことで卵巣が刺激されて分泌されます。
しかし、年齢を重ねると卵巣の機能低下によって、視床下部からいくらホルモンを分泌しても女性ホルモンが分泌されず、視床下部が混乱してしまい自律神経が乱れてしまいます。
このことで、体の冷えやのぼせ、動機などの症状を引き起こします。

プロゲステロンとエストロゲンとのバランスで性機能の保持をしているのですが、エストロゲンの分泌が減少することで、この二つのホルモンのバランスが乱れて月経不順や不妊症を引き起こします。
その他にも、疲労やストレスを感じやすくなる、肌のハリやツヤがなくなる、シワやシミ、白髪が増えるなどの症状も、エストロゲンが減少することで起こる症状です。

このようにエストロゲンの減少は、女性には大きな影響を与えることになります。
日頃からこのホルモンを増やす工夫をして、いつまでも若々しい状態、美しさを保ちましょう。